イボの解消法

老人性のイボの取り方!いぼころりは使っても大丈夫!?

更新日:

たとえ若くてもできる老人性イボに、苦労をしている女性がかなり多いです。
イボを取るには、昔から多くの人に使用されているいぼころりを使って取りたいところですが、首などの皮膚の柔らかいところにはに使用することはできません。

老人性イボは、飲んで治す内服薬「いぼころり内服錠」で取ることができます。
いぼころり内服錠で老人性イボが取れる理由他、飲み方などをご紹介します。
老人性イボを取り、キレイな肌を維持するのにお役立てください。

老人性イボに いぼころりの塗り薬が効かないのはなぜ?

足の裏にできた魚の目などを昔からあるいぼころりの絆創膏タイプで取った経験のある方も多いかと思いますが、3~4日貼っておくだけで面白いようにきれいに取れます。
そのため、老人性イボをいぼころりの絆創膏タイプや液体タイプの使用で取ろうとする人もいますが、それはNGです。

その理由は、絆創膏タイプや塗るタイプのいぼころりの主成分には、どちらもサリチル酸という薬剤を配合して作られています。
サリチル酸は皮膚の角質を柔らかくする作用があり、イボができている周りの固い部分を腐食させて柔らかくし、イボを浮き立たせて取ります。
そのため、足の裏などの皮膚の固い部分には効果を発揮する優れた商品ですが、首イボなどのように皮膚の柔らかい部分に塗るのは危険なのです。

もし使ってしまった場合は跡が残ってしまうことがあるので注意が必要です。

老人性イボにいぼころりの内服錠に効果がある理由

いぼころりの内服薬は、首や顔などの皮膚の柔らかい部位にできた老人性イボに効果のある内服薬で、主成分にヨクイニンエキスを配合して作られています。

ヨクイニンは、昔から「イボ取り名人」として知られている生薬です。
老人性イボができる原因は、ウイルスや細菌とは無関係で、肌のターンオーバーが乱れることからおこります。
そのため、ヨクイニンエキスの持つターンオーバーを促す効果で、体の内側からイボを治すことが期待できます。

また、イボコロリ内服錠を飲むだけでなく、同時に老人性イボに効果のある化粧品でスキンケアすることで、体の内側と外側の両方からケアできるので、より効果が期待できます。
さらに、いぼころり内服錠はピーリング効果も期待できるので、いぼが取れるだけでなく、肌がキレイになる嬉しい効果もあります。

いぼころり内服錠を飲む前にイボの種類を確認する

内服薬のいぼころりに効き目があるのは、老人性イボや、肌荒れがしたときです。
先にも書きましたが、老人性イボはウイルスや細菌の侵入などには関係なく、肌のターンオーバーの乱れが原因となっていて、ウイルス性のイボには効果がありません。

足の裏穴などの固い部分にできるイボのほとんどはウイルス性のイボなので、いぼころりの内服薬を飲んでも効果がないのです。
そのため、いぼころり内服錠を服用するときは、老人性イボかどうかを確認してから飲んでください。

老人性イボを取るいぼころり内服錠の飲み方

飲んで効くいぼころりの内服錠は、1日3回、1回6錠を食前かあるいは食事の中間に飲んでください。

また、いぼころりの内服薬は体の内側から、穏やかに作用するように作られていますから、効果が現れるまでに時間がかかります。
2週間でイボが取れたという人など様々ですが、暫くは飲み続けてみてください。

老人性イボを取る内服錠いぼころりの口コミ

いぼころり内服錠の口コミには、老人性イボなのに知らずに、塗るタイプのいぼころりを使用していたという口コミを時々見かけます。

ある50代の女性は、塗るタイプのいぼころり使用して、イボが取れて喜んでいたのに、またできたのでドラッグストアで相談したところ、いぼころりの内服錠を勧められたそうです。て飲み始めて3週間後には効果が表れ始め、1か月後にはすっかり治ったと口コミに投稿しています。

また、いぼころり内服錠はニオイもなく飲みやすいので、これからも続けたいという女性や、イボへの効果はあまりなかったけれど、肌のざらつきが減り始めたので、続けて飲んでいるという女性もいます。

老人性イボができたため、ハイネックのセーターや、襟元のオシャレな洋服が着れなかった女性は、いぼころり内服錠でイボが取れ、自分の好みの洋服が着れるようになっています。

イボコロリ内服錠の口コミのほとんどが効果があったというもので、効果がなかったという口コミや悪い口コミは見られませんでした。

老人性イボの取り方イボコロリまとめ

もしあなたが老人性イボで悩んでいたら、いぼころり内服錠をぜひ、試してみてください。
イボが取れると同時に、ピーリング効果で今よりもキレイな肌になることが期待できます。

また、いぼころり内服錠は女性だけでなく、男性の老人性イボにもおすすめです。

さてここで管理人が使ってよかった老人性イボをきれいにするために飲んでいるサプリメントをご紹介します。

それは

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

老人性イボを体の内側からきれにする飲み物です。

内服のイボころりでもいいのですが、お薬のためどうしても副作用があります。

いぼころりの副作用はお腹が痛くなり下痢になってしまうことです。

それに比べて、ハトムギCRDエキス+舞茸エキスはサプリメントなので副作用はありません。

首や顔にポツポツとした老人性イボができていると、老化現象とはいえ、おばあちゃんみたいでした。とても恥ずかしくて人目が気になります。お友達とおしゃべりしていても目線が首のポツポツに来ているようでとても心配でした。

「老けてみられるのではないか」という不安がありましたが今では堂々と首を出せるようになりました。

ハトムギCRDエキス+舞茸エキスを飲んで本当によかったです。

あなたもイボでおばあちゃんみたいとバカにされる人生から卒業してくださいね。

私も体験はこちら

ヨクイニンサプリのランキング

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

ハトムギCRDエキス+舞茸エキスは昔から肌荒れやイボによいと服用されてきたハトムギ(ヨクイニン)の効能に着目してつくられたサプリメント。 特許製法により、栄養が含まれる薄皮を含む殻ごとエキス化することで、その有用性を最大限に引き出しました。ハトムギCRDエキス1,000g配合。 年齢とともに乱れるめぐりを助け、年齢とともに「ブツブツ」と増える悩みを徹底的にケアしてくれます。

新日本製薬オルジェパール(ヨクイニン錠SH)

オルジェパールは新日本製薬のヨクイニン配合のお薬。第三医薬品、生薬製剤。昔からイボに良いとされるヨクイニンがポツポツ、ザラザラしたイボや 肌荒れに効く!販売名は、ヨクイニンエキス錠SH。色々なお手入れをしているにも関わらず、なかなか治らない大人女子を悩ませる肌の悩み。その肌のお悩みを生薬の力で追い出してしまうのが、オルジェパール(ヨクイニンエキス錠SH)です。

クラシエ ヨクイニン

クラシエの漢方 ヨクイニンタブレットは肌あれ、いぼに効果・効能のある生薬製剤です。タブレット型なので飲みやすいと評判です。長年の愛用者も多く、イボやニキビ対策に飲んでいる人が多いです。

-イボの解消法
-

Copyright© ヨクイニンサプリ|イボ取り、肌荒れ|口コミ人気!比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.